第一工業所

過去のおしらせ

    • プレス・板金・フォーミング展がありますhttp://www.mf-tokyo.jp/j/index.html
      記事更新日:2019年5月13日
    • 2019年6月19日(水)~21日(金)まで西日本総合展示場新館にて西日本製造技術イノベーションがあります https://www.innov-w.jp/index.html
      記事更新日:2019年5月13日
    • 2020国際ウェルディングショーがあります http://www.weldingshow.jp/
      記事更新日:2019年5月13日
    • 本社移転のおしらせ 拝啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 さて、このたび弊社は、平成28年3月26日(土)に下記の通り移転致しました。 これを機に社員一同心を新たに皆様方の「期待に応えるよう」一層の努力をする所存でございますので、 何卒倍旧のご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。 記 1. 2. 3. 4. 5. 新    住   所 新電話番号 新FAX番号 移転完了日 営業開始日 : 〒807-1302 福岡県鞍手郡鞍手町大字上木月275番地1 : 0949-43-3033 : 0949-43-3035 : 平成28年3月26日(土) : 平成28年3月28日(月) 以
      記事更新日:2016年3月28日
    • 合ステンレス加工メーカーの明道メタル(本社=新潟県燕市)は、板厚0.5ミリ未満の極薄二相ステンレス「MSS2120」を開発し、2015年4月8日から始まったメタルジャパンで初展示した。 価格安定性、高強度、高耐食性に優れ、SUS304の新たな代替材として需要家ニーズに対応する
      記事更新日:2015年4月14日
    • 2014年11月三菱レーザー加工機導入しました。 eXレーザ加工機用シートチェンジ・パレットチェンジ兼用ストッカ自動化によって、生産効率のアップや省人化、納期の短縮を実現。ミクロジョイントレス加工も可能にし、俊工程を短縮します
      記事更新日:2015年4月14日
    • 板金機械の中でレーザー加工機の存在感が増している。切断や穴あけ、溶接など幅広い用途に対応。加工の高精度化、高品質化に加え、金型が不要なことから多品種少量生産、さらに変種変量生産に対応しやすいのも利点だ。先進国のみならずアジアを中心とした新興国市場でも、インフラ整備用の鋼材加工などでレーザー加工機の需要が増加。こうした状況を受け、メーカー側では高速加工や省エネルギー性能の向上、難加工材への対応などを特徴とした次世代レーザー加工機の開発競争が激化している。 アマダは中期経営計画の中で加工速度と省エネルギー性能に優れたファイバーレザー加工機を戦略機と位置付け、三菱電機はファイバーレーザー加工機事業に参入しつつもCO2レザー加工機にも力を入れる。 成長余地の大きいレーザー加工機市場には、日本や欧州メーカーだけでなく、中国をはじめとする新興国のメーカーも熱い視線を向ける。開発・生産・販売のそれぞれの体制強化に向けて、各社の競争がさらにヒートアップすることが予想される
      記事更新日:2015年1月10日